医師

名医を探すヒント|下肢静脈瘤を撃退する技

地域住民の健康を守る

ナース

時を選ばずに訪れる病

病気は人を選ばずに突如としてやってきます。そして、それは時をも選ばずにやってくるものなのです。何かしら急病の兆候が現れた時、家で様子を見られる範囲でないと判断した時には、多くの場合医療機関の受診を考えることになります。しかし、千葉県の浦安市には沢山の医療機関があり、症状によっても受診する場所が違ってきます。また、医療機関の規模も様々で、小さな診療所から、市民病院、総合病院等の中規模の機関まで、さらに近隣の市へ足を伸ばせば大学病院等の研究設備を兼ね備えた大規模病院も存在します。浦安市に限らず、全国的に医療機関の外来診療は平日の日中が多く、診療時間外の休日や夜間は休診となっているところも少なくありません。

欠かせない医療体制

通常は時間内診療のみの医療機関が多数ですが、総合病院等のある程度規模の大きな医療機関になると、夜間診療として時間外の診療にも力を入れています。浦安市にもいくつか夜間診療を行う医療機関はあり、地域に住む人々への緊急医療提供の役割を果たしています。夜間診療には日中と変わらず様々な事情での来院があり、その方法も救急搬送や外来への自力受診など様々です。救急車による搬送の場合には、その混み具合や患者の状況によって、浦安市内に限らず、近隣の夜間診療を実施している医療機関へ臨機応変に搬送されることもあります。このような救急搬送の例から見ても分かるように、夜間診療を行う医療機関は地域に必要とされ、全国に整備されているのです。